【ブログの表示について】

◎エラーが出て碁盤が表示されない場合
「Javaのセキュリティレベルを「中」にする」
方法1 「スタート〜コントロールパネル〜Java〜セキュリティ」
方法2 「スタート〜すべてのプログラム〜Java〜Configure Java〜セキュリティ」

◎碁盤や文字を大きくしたい場合
「画面の表示を拡大する」
方法1 「Internet Explorer上部の「表示」〜拡大」
方法2 「Ctrlキー+マウスホイールを奥に動かす(上方スクロール)」
※いずれもリロード(最新の状態に更新)してください。

2013年05月27日

本因坊秀伯・井上春碩9

『御城碁譜』 〈元文5年4月18,5月6日〉
争碁第7局

    本因坊秀伯
先番 井上 因碩

263手 白2目勝










春碩の初手は左上です。これぞ争碁ですね。
黒11カケに手抜きして白12カケ返しもすごい気迫です。
白46は一瞬、棋譜の誤りかと思いますね。良い手がどうかわかりませんが、長考の一手だったでしょう。
黒81に白82・84と機敏にかわし、白ややリードのようです。
黒105・106も善悪を超えた応酬です。
黒197はどうして198にホウリコまなかったのでしょうか。
ともかく秀伯はついに大逆番を入れ、2局勝ち越しのリードを奪いました。


posted by 時代 at 22:33| Comment(0) | 本因坊秀伯・井上春碩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。